新人看護師のつらいお悩み相談倶楽部

看護師が抱える悩みのあれこれを解決します

ごあいさつ

わたしは企業のメンタルヘルスのカウンセラーですが、最近では医療関係者のメンタルヘルスチェックに携わる場面が増えています。その際、新人看護師さんからお悩みの相談を受けることが多々あり、それぞれにアドバイスをして感謝の言葉をいただくことが結構あるのです。訪問していただいた方にとって何らかのヒントでも提供できれば、と思っています。 このサイトへのお問い合わせはこちらからお願いします。rook777ienurse-tora@nifty.com

仕事には悩みが付き物

仕事には悩みが付き物

看護学校を無事に卒業し、新人看護師として働き始めるとさまざまな悩みにぶち当たることでしょう。実際、悩みのない人なんていません。誰だって、仕事をしていると悩みの一つや二つは出てくるものです。あなたを厳しく指導してくれる先輩看護師だって、新人のころは色々なことに悩んでいたはずです。ここでは新人看護師が仕事で抱える悩みについて、代表的なものをご紹介したいと思います。自分が抱えている悩みの解決策があるといいですね。

頑張りすぎて燃え尽き症候群になりそう

燃え尽き症候群ってご存知ですか?意欲に燃えていた人が、ある日突然、燃え尽きたかのように無気力状態に陥る症状のことを言います。燃え尽き症候群になると、憂うつ、無気力感、無感動、焦燥感、イライラ感、自己卑下、仕事に対する嫌悪感、思いやりの喪失などの精神的な症状や、不眠、頭痛、胃痛などの身体症状が現れ、悪化するとうつ病になってしまうこともあるようです。そんな“燃え尽き症候群”についての悩みや対策についてご紹介します。

人間関係が上手くいかない

看護師が悩んでいることの一つに人間関係の悩みがあります。最近では、コミュニケーションが苦手な人も増えているようで、人間関係の構築や円滑化に悩んでいる人が多いようです。しかし、看護師は患者さんの生命を扱う仕事という特徴から積極性や責任感それに併せてチームワークがしっかりしていることなどが求められます。ですから、どんなに苦手な人であってもより良い人間関係を築き、連携して仕事にあたらなければいけません。そこで人間関係の悩みについて考えてみたいと思います。

夜勤で体調を崩してしまいました

日勤業務に慣れてきたころ、夜勤に入り始める人も多いでしょう。最初の1~2回は、先輩看護師と一緒に夜勤業務を行いますので安心です。でも、3回目以降からは一人で夜勤業務を行うことになります。先輩看護師がいないと、つい「急変が起こったらどうしよう?」「わたし一人でホントに大丈夫かな?」などと、不安な気持ちに悩むことになります。そんな不安いっぱいの夜勤業務を、先輩看護師たちはどうやって乗り越えたのでしょうか?